スムージーで賢くダイエット成功するやり方

今やダイエットや美容・健康の定番ともいえるズムージー。使い様によって、様々な効果を発揮してくれまずが、飲みやすいからと摂取しすぎて太ってしまう原因にもなります。スムージーは賢く置き換えて、一日の栄養バランスを整えてこそ効果的に体をキレイにしてくれます。
そんなスムージーで賢くダイエットする方法をこのサイトでは説明していきます。また、ダイエットの基本や体のサイクルをしって行くことで、健康や美容を高めて、生き生きとした生活を送っていきましょう。

 

スムージーによるダイエット効果とは

スムージーで賢くダイエット成功をするためにもまずは、スムージーによるダイエット効果について説明していきます。
スムージーとは本来、クラッシュアイスなどを一緒に混ぜ合わせたシャーベット状のカクテルなどのことを言っていましたが、最近では、野菜や果物と豆乳やヨーグルトなどを混ぜ合わせた健康的なものをスムージーと呼ばれる様になってきています。
さてこのスムージーの最大の利点は、たくさんの野菜や果物をミキサーで混ぜ合わせる事で飲みやすくして大量の栄養を補給できる事にあります。
特に、最近ではダイエット以外にも美容や健康にも効果がある事から様々な用途に対してレシピが作られています。
ここでは、賢くダイエット成功する為のスムージーの説明をしていきますが、まずダイエットをしていくうえで必要な栄養素のお話しをしていきますね。

 

まず、体の健康に必要な栄養として三大栄養素があげられます。
この三大栄養素は、糖質・タンパク質・脂質があげられます。
糖質は、体を動かす即効性のエネルギーともお.言われていて、私生活での体の動きや、運動をした時に使われるエネルギーの順番は、食物から摂った糖質から使われて、次に体脂肪に含まれる脂質が使われ、最後に筋肉に含まれるたんぱく質が使われていきます。

 

糖質は主にごはん・パン・麺類などの炭水化物から摂取できます。この糖質は体を動かすエネルギーのほかにも、脳や内臓が働く為のエネルギーとしても使われているので、非常に重要な役割をしているわけです。
しかし、この糖質は口にしてエネルギーとして使われていかない場合など余ってしまうと体の予備電池としてお腹まわりに蓄積して太っていってしまうという即効性もはらんでいます。
その為、賢くダイエット成功するには糖質をいかに制限するかが一つのポイントになってきます。
この糖質を適度に摂ったうえで運動をしてエネルギー消費をして、摂取した糖質を使いきると、体に溜めていた予備電池である体脂肪を次第に使い始めます。
この状態になって初めてダイエットが成功し始めるます。この体脂肪は糖質の代わりとなるので、体内で糖質に近い状態に変換されて次々と使われていきます。
但し、注意しておきたいのは、体脂肪のエネルギーを使いきってしまったり、極端な糖質制限をすると筋肉に含まれるたんぱく質を使ってしまうため、筋肉を分解して基礎代謝が落ち、痩せにくい体質になってしまうので気をつけましょう。
その為、糖質は適度に摂って、トレーニングもし過ぎない程度にカロリー消費を目指していくのが良いでしょう。

 

次に、先ほども上げたタンパク質ですが、これは肉、魚、大豆や大豆製品に多く含まれていて良質なたんぱく質は肉から一番摂取できると言われています。
このタンパク質の重要性は筋肉を作ったり、トレーニング後の筋疲労の回復に効果があり、賢くダイエットをしていくうえで必要な栄養分ともいえます。
そもそもダイエットと筋肉の関係は、エネルギー消費においてかかせない内容となっており、ダイエットをするためにはより大きいエネルギー消費が必要なるのですが、その一つに基礎代謝量があります。この基礎代謝量は普段の生活の体の動きで使っている消費エネルギーの事をいい、座っている時や歩いているとき、また、たっているときから心臓の動きや呼吸、まばたきまであらゆる体の動きからなる消費エネルギーの事をいいます。
この基礎代謝は筋肉の量でエネルギーの消費量がきまり、筋肉量が多いとエネルギー消費は上がり、少ないとエネルギー消費量は下がってしまいます。
とくに女性の方などでダイエットをする際に筋肉をあまりつけたくないので、筋トレをしない方が多くいますが、賢くダイエット成功させるためには、基礎代謝の向上はかかす事ができないので、おのずとある程度の筋トレは必要になってきますので注意しましょう。
また、筋トレをせずにダイエットを進めると、一見やせて体重が減ったように感じますが、実は筋肉量が減っているだけで、脂肪は減っていないという事があります。
これは、筋肉を使わない事からおこってしまい、筋肉量が減る事で痩せにくい体質へと変化していってしまいます。
その為、賢くダイエットをしていくためには、タンパク質の摂取と適度な筋トレは欠かせないのです。

 

三大栄養素最後のポイントである、脂質ですが、これは肉や魚、乳製品に多く含まれていて、主に体温を一定に保ったり一緒にビタミンを吸収する事でお肌のうるおいや骨密度を高めるなどの効果を助ける働きがあります。
その為、脂質をあまりにも取らないと体温調整がうまくできず。体調不良の原因となってしまったり、あるいは、ビタミンをうまく吸収できなくる関係から、お肌がカサカサになってしまったり、骨粗鬆症の原因となってしまう可能性もあるので、ある程度は摂取していくようにしましょう。

 

この三大栄養素に加えて、ビタミンとミネラルをプラスして五大栄養素と言われています。
まずビタミンについての働きですが、ビタミンは体組織を作ったり、生理機能の維持やほかの栄養の吸収を助けたりする力があります。
例えば、皮膚や粘膜の保護に役立ち、免疫向上させるために働いたり、骨を丈夫にしたり、アンチエイジング効果などがあげられます。
またミネラルは、骨や血を作り、神経伝達機能を正常に保つ役割が主になります。
どちらの栄養も体の健康を保つためには必ず必要な栄養素となりますね。

 

前置きが長くなりましたが、ここからがスムージーで賢くダイエットをしていく本題になりますが、このスムージーの利点は低カロリーでビタミンとミネラルを豊富に摂取できる事にあります。
賢くスムージーでダイエットを成功させるためには、三食全てスムージーにするのではなく、朝食と置き換えるなど一日一食や間食をしたくなったら摂るなどとしていきます。
その理由は先ほども書きましたが、体に必要な栄養素は五大栄養素であり、スムージーで主に摂取できるのは、ビタミンとミネラルの分野に絞られているからです。
そのほかの分野である、三大栄養素の糖質・タンパク質・脂質については昼食などの最も消化と吸収の良い時間帯に摂取していきます。
一日のうちに五大栄養素を通常の食事のみで摂り続けるのは大変なことでもあるので、朝はスムージーでビタミンとミネラル補給、昼はタンパク質や糖質補給、夜は軽めの食事にする事で高い栄養補給と低カロリーで賢くダイエットができる事になります。

 

スムージーで賢くダイエット成功をする為にもまず朝はスムージーから始めていきますが、スムージーの内容としては主にグリーン野菜と果物を少量で調整してヨーグルトや豆乳などでつないでいくと良いでしょう。
グリーンは小松菜やホウレンソウからビタミン、ミネラルを摂取していき果物はビタミンや抗酸化成分で美肌効果や便秘改善に効果を発揮させます。
基本的に果物を入れすぎると糖質を摂り過ぎて痩せないので、果物と野菜の割合は4:6が程よいとされています。
一日のスムージーの量は500mまでとして、摂り過ぎると逆に太ってしまうので気をつけましょう。
こうしたスムージーの取り入れ方法によって賢くダイエットをしていきます。
また昼食は三大栄養素を中心にごはんや、肉や魚などをとっていきますが、糖質の塊りである炭水化物は摂り過ぎに注意しましょう。
このほかにも、スムージーでリバウンドをしないダイエット方法としてオススメのサイトもありますので見てみると参考になるかもしれません。

 

賢くダイエットするための補強

スムージーダイエットで賢くダイエットをする方法のほかにその補強方法をここからは説明していきます。
前にも述べましたが、ダイエットの基本として基礎代謝の向上にかかす事のできないトレーニングをここでは説明していきます。
トレーニングといっても様々ありますが、ダイエットを始める方に程よい運動内容を説明していきます。
まずは持久力の入門です。
目的は全身の持久力をアップさせる事として、ウォーキングから始めます。
ウォーキングといってもただいつも通りのペースで歩いても何の効果もないので、いつもよりも早いペースで歩く様に心がけましょう。
ペースでいうと、1分間で120mくらい進めるとベストです。これを30分〜1時間は持続できるところからがスタートです。
歩く時のフォームですが、いつも通りの姿勢で歩いても全身の運動になっていない事が多く見受けられますので、まず立ち姿として姿勢は脳天にヒモでつるされた様に立ち、方の力は抜きましょう。次にある時の上半身の動きですが、上半身の腕の振りは腕を振る意識よりも肩甲骨を前後に動かすイメージで後ろに引く時は肘を軽く曲げて肘を後ろに引いていきます。そのまま腕を前に出す時jは、引いた肘の力を抜くだけで振り子運動に従って軽く腕を前に出します。
これは、肩甲骨と肘を中心に意識する事で他の部位に余計な力を入れない様にする為の意識です。その為、ほかの部位は極力力を抜き、フォームが崩れない様に気をつけましょう。
また、下半身ですが、下半身はガニ股や内股にならない様に真っ直ぐ足を歩かせます。
ここでまっすぐ歩く時のポイントですが、足の裏の動きはカカトから入り、足の親指の付け根である母指球で地面を蹴り、またカカトから入る様に進んでいきます。
これは、骨盤のゆがみも踏まえた事ですが、ガニまたの場合は足の内側の筋力が弱く、内股の人は足の外側の筋肉が弱い為。その弱点の改善と、きちんとフォームを作る事で故障などを避ける為でもあります。フォームが乱れた状態だと、体を全身で使えていない状態になりやすく、例えば重心が一点に偏って集中してしまう事で、その箇所だけ故障をしてしまう事も考えられるからです。
腰痛などの間接の痛みはこういった、フォームの乱れからやってきますので注意しましょう。

 

また、ウォーキングをする場合、例えば仕事の帰りに最寄の一駅前から降りてウォーキングをして帰るなども良いでしょう。
それを繰り返し、慣れてきたら週2〜3日くらいのペースで繰り返していき、疲れがでなくなったタイミングでジョギングに切り替えるなど、自分のできるペースで少しずつ内容を変えて負荷を大きくしていくと、とても良いバランスが保てる様になってきます。

 

私も始めはウォーキングで30分ほど、週3回くらいをメドに始めて、3ヶ月くらいで慣れてきたので、ジョギングに切り替えました。
このタイミングでのジョギングはあまり長い距離が走れなかったので週2〜3回くらいで始めは2Kmくらいの距離から徐々に伸ばしていき、1年がたつ頃に週2〜3回は会社の帰りに5Kmほど家までジョギングをして走って帰る様になりました。
もちろんスピード勝負ではないので、30分以内に到着する程度のペースで、あまりにも疲れている時などは、無理をせずにまっすぐ電車で帰る事もあります。

 

1例ではありますが、こういったペースで自分なりに考えてトレーニングをする事でスムージーで賢くダイエットをしていることを更に補強できる良い材料として頂ければ幸いです。
また、このほかにもトレーニングとして入れておきたいのは筋トレですね。
特に体の筋肉の中で胸筋・背筋・太ももの筋肉などはエネルギーの消費が多い部位でもあるので鍛えておくと基礎代謝量が向上されるのでおすすめです。
このあたりは、腕立て、背筋、スクワットで鍛えることができます。
腕立ては始めのうちはひざをついて四つんばいの状態からのスタートでも良いでしょう。
背筋はつま先をベッドの下などにかけてうつ伏せで両腕を背中に回し、肩甲骨を上げるイメージで行うと良いでしょう。
スクワットは両足を肩幅にまで広げて、膝を壊さないように腰から下半身をゆっくり落としていき、ゆっくり上げていきます。
この時に膝を曲げる際に膝が前に出過ぎないようにきをつけましょう。膝が前に出るという事は全身の体重が膝にかかっているという事なので故障の原因になってしまいます。
こうした内容を組み合わせてスムージーで賢くダイエット成功するやり方に合わせてみて下さい。